Kyoto DU

KyotoDUワークショップ

第8回シネアスト・オーガニゼーション・大阪 「デジタル技術講座

デジタル技術講座 "失敗しない!HD制作"

第8回シネアスト・オーガニゼーション・大阪の「デジタル技術講座」にてKyotoDU 唐津がHD制作のワークショップを開催!

撮影では「HD対応ビデオカメラ」から「デジタルムービー一眼」、編集ではMacintoshの「FinalCutPro」からWindowsの「Premiere」など、 ここ数年でデジタル映画制作は多様化しています。 また、機種選びだけでなく撮影モードにおいても日本(NTSC)では「60i/30p/24p」ほか、 ヨーロッパの一部(PAL)では「50i/25p/24p」など複数の記録方式によるフォーマットが選択できるようになりました。

この講座では、デジタル映画制作における撮影~編集~上映においての「カメラ選び、編集ソフト、 上映用素材(マスター)」を中心に「どのHDフォーマットで作品制作&保存を行うのが最適か?」を紹介します。 これからHD撮影を始める方、SD撮影からHD撮影への移行を考えておられる方など、幅広い選択肢の中から最適なワークフローを提案いたします。

  • 当日は「AG-HMC155」「AG-HMC45」を実際に触れるハンズオンの時間をご用意しています。
  • HD制作に必要なテキスト資料も配布いたします。


講座内容(抜粋)
撮影
 - SDとHDの画面サイズ(解像度)について
 - 撮影モード(60i/30p/24p)について
 - インタレース、プログレッシブの違い
 - 記録コーデック(Intra/Mpeg2/Mpeg4)の概念
 - HDビデオカメラの紹介
編集
 - 各種編集ソフト紹介
 - 撮影、編集素材の管理について

機材紹介
[AG-HMC155]
AVCHD(LongGOP Intra予測 Mpeg4 H.264)方式を採用、HD機器の中でも「映像の破綻がない」と評判のSDカード収録方式の次世代パナソニックフルHDビデオカメラ。
[AG-HMC45]
上記AG-HMC155の後継機、さらに軽量化が進み、コスト面からもHMC155のサブ機として利用できると評判のフルHDビデオカメラです。

詳細はこちらへ
主催 大阪映像文化振興事業実行委員会
日程 2011年7月3日(日)
15:00~18:00
会場 〒530-0016
大阪市北区中崎2丁目3-12 パイロット・ビル3F CO2運営事務局
参加費 1.500円
講師 KyotoDU 唐津
受付 ワークショップの参加に関しては、CO2事務局にお問合せください。
使用機材 AG-HMC155、AG-HMC45
ページの先頭へ