Kyoto DU

作品など

大阪アジアン映画祭 アジアン・ミーティング大阪2009

大阪アジアン映画祭 アジアン・ミーティング大阪2009 HD時代の字幕制作&上映システム

大阪のABCホール、シネ・ヌーヴォでアジア映画の祭典が今年も開催され、KyotoDUからは「アジアン・ミーティング大阪2009」 で上映するデジタル素材の日本語字幕制作で参加協力を行いました。

アジアン・ミーティング大阪2009 アジアン・ミーティング大阪2009

デジタル上映の現状

映画祭での上映フォーマットは、DV/β-CAM/DVC-PRO/Digitalβなどのテープ素材が主流で、小規模な上映会などではDVDでの上映なども行われている。 近年はHDフォーマットの登場により、HDV/DVC-PROHD/HD-CAM/HDD(データ)など HD素材も制作・上映の視野に入って来ているのが現状だが、映画祭運営面での上映システム環境はより複雑になり多大なフォーマットにそれぞれ対応したデッキを用意し 配線するだけでも大変な作業になる。

アジアン・ミーティング大阪2009 アジアン・ミーティング大阪2009

AppleのFinal Cut Pro + ヤノ電器のRAIDシステム

最近は、字幕制作をするに当たってSST等の「スポッティグデータ」を翻訳データに付加させて、編集ソフトにダイレクトエクスポートが可能になって来てはいるものの、 それを職業にしている人以外はソフト自体持っていないケースが多く、映画祭によっては翻訳&手作業で字幕入力するケースもまだまだ多いのが現状。

一般的に字幕制作の行程は、デジタル素材をPCに取り込んで、FinalCutPro(以下FCP)上でテロップの挿入を行い、 デッキを関してテープにダビングするのが基本だが、HD時代においてはその作業効率に少々難色を示している。

いままでの問題では、PCへの「取込み&書き出し」の段階での画質の劣化が心配されていたのだがProRes422 コーデックの登場によって「取込み」時の劣化の心配はほぼ無くなったと思っていい。

今回はハイスペックPCが必要なHDVの素材もあり、HDVネイティブフォーマットで取り込み作業を行ったが、特に問題もなく作業を進める事ができた。 作業中のリアルタイムプレビューに至ってもほぼレンダリング作業なしで行う事ができた、この辺りはヤノ電器のRAIDシステムを活用。
(さらに作業中一度もプレビュー時にコマ落ちによる中断は無かったことも付け加えておく)

アジアン・ミーティング大阪2009 アジアン・ミーティング大阪2009

テープメディアについて

字幕作成後はテープへ書き出しだけだが、ここで問題が出てくる。

1つ目は「ノイズの付加」だが、テープへの書き出しを行う上でデッキのメンテナンスはかなり重要になってくるし、 書き出したテープは上映前にノイズ等の事前チェックの必要があるということ。

2つ目は「翻訳家によるチェック」や「試写で修正が出た場合」に上記の工程をその都度くり返さないと行けない事である。

これだけで、例えば2時間の作品を書き出すに際しても、出力に2時間、チェックに2時間(計:4時間)以上の作業時間が必要になる。 (テープやヘッドによるノイズが発生した場合、作業時間は×2と増えていく)

アジアン・ミーティング大阪2009 アジアン・ミーティング大阪2009

上映会場の設備

上映会場での問題はメディア&デッキの混在はもちろん、出力のラインが統一されていないという事はかなり大きな問題ではないだろうか?

HD素材を最終的にプロジェクターにHDMI接続できればまだいいが「RGB」「コンポーネント」などになってくると、 本来のHDクウォリティは再現できないし、できるならHD-SDIがベターな気がする。

アジアン・ミーティング大阪2009 アジアン・ミーティング大阪2009

HD出力による上映の可能性

今回のようなケースを踏まえて思ったのは上映もPCからのデジタル上映の時期を迎えているような気もする。 現在はKONA3(AJA)やMultibridge Pro(Blackmagicdesign)のPCIボードは共にHD-SDI出力に対応しているので プロジェクターとPCを直接接続できる上にテープへの書き出しも不要、FCPのシーケンスから直接HD-SDIでの上映が可能になる。

さらにプレス試写の際などに、翻訳家立ち会いのもとFCPのマーキング機能を使うことで上映を中断する事無く、 上映後に迅速に字幕の修正を行う事も出来る。海外作品を国内上映した際の配給の商談に対して、 サンプルが必要な場合も次の日にはサンプル入りのDVDを渡せるといった事も容易に実現する。

今回プロジェクターとPCが1セットあれば映画祭のシステムにおける心配はほぼなくなったと同時に、 映画祭での上映や配給に対してのクウォリティやサポートがかなり小規模なシステムで運営できるという可能性を示唆してくれた企画だった。

アジアン・ミーティング大阪2009 アジアン・ミーティング大阪2009 アジアン・ミーティング大阪2009 アジアン・ミーティング大阪2009 左上より『エドウィン短編集』『好猫/グッドキャット』『ムーン』『トロピカル・マニラ』

(担当:唐津正樹)

「大阪アジアン映画祭 アジアン・ミーティング大阪2009」詳細はこちら

Outline
日程 2009.03.14(sat)
主催 大阪アジアン映画祭実行委員会
協力 プラネット・プラス・ワン、シネ・ヌーヴォ
レポート
協力
Plastic tomato、大谷みほこ(翻訳家)、松野泉(思考ノ喇叭社)
担当 KyotoDU 唐津
使用機材
  • PT-D5700(Panasonic)
  • BT-LH2600W(Panasonic)
  • MacPro(Apple)
  • Final Cut Studio2
  • Multi bridge Pro(Black magic design)
  • TrustyRAID EX(ヤノ電器) ほか

ページの先頭へ