KyotoDU

レポート

NO.024

「こども映画レッスン」東京都教育委員会・BUMB 東京スポーツ会館助成事業

「こども映画レッスン」東京都教育委員会・BUMB 東京スポーツ会館助成事業

豊洲で行われた小・中学生を対象に、短編映画の発案から準備、撮影、編集、音作り、上映までの映画作りの全工程を体験してもらうイベント 「こども映画レッスン」にKyotoDUから機材協力いたしました。尚、撮影された短編映画は9月13日に映画美学校試写室にて上映されました。
(担当:唐津)

「こども映画レッスン」オフィシャルサイト
http://bulbousbow.sakura.ne.jp/01/

「こども映画レッスン」東京都教育委員会・BUMB 東京スポーツ会館助成事業 「こども映画レッスン」東京都教育委員会・BUMB 東京スポーツ会館助成事業 「こども映画レッスン」東京都教育委員会・BUMB 東京スポーツ会館助成事業 「こども映画レッスン」東京都教育委員会・BUMB 東京スポーツ会館助成事業
実施日時 2014.08.17(sun) - 09.13(sat)
会場 豊洲4丁目団地、映画美学校試写室
主催 バルバスバウフィルム 合同会社
協力 映画美学校
機材協力 KyotoDU
[NO.024] 2014.10.28 ・ Report by Karatsu  △ PAGE TOP
NO.023

子ども映画ワークショップ in 総社「自分らーでつくりゃ映画」

子ども映画ワークショップ in 総社「自分らーでつくりゃ映画」

関西で活動するインディーズ映画団体「大人の映研部」が岡山県総社市 商工会議所と合同で開催した子ども向け映画ワークショップ。“子どもたちにものづくりの楽しさと表現することの楽しさを知っていただく” をテーマに小学生3年生~6年生を対象とした映画制作を体験できる講座を開催。講習は午前~夕方まで7時間にわたり「撮影」と「役者」の2チームに別れて行われました。 後日、撮影された映像を編集し、市の公民館での上映もありました。

KyotoDUでは子ども向けワークショップを対象とした、軽量のHDカメラ「AG-HMC45A (Panasoinc)」での機材協力をいたしました。
(担当:唐津)

「飛び出すこどもブンガクシリーズ」#3 じゅんじゅんSCIENCE「アリス」 「飛び出すこどもブンガクシリーズ」#3 じゅんじゅんSCIENCE「アリス」 「飛び出すこどもブンガクシリーズ」#3 じゅんじゅんSCIENCE「アリス」 「飛び出すこどもブンガクシリーズ」#3 じゅんじゅんSCIENCE「アリス」
実施日時 2012.06.09(sat) 10:00〜17:00
会場 岡山県総社市立池田小学校
主催 大人の映研部 HEAVEN上映実行委員会
協力 総社商工会議所そうじゃフィルムコミッション/プロジェクトコア/演劇集団よろずや
協賛 NPO法人吉備野工房ちみち
後援 総社市総社市 教育委員会
機材協力 KyotoDU / StudioDU
使用機材 AG-HMC45A(Panasonic)、LS-55DV(Libec)

使用者のコメント

ワークショップに参加する子どもたちは撮影未経験者が大半で、家庭用ビデオカメラでも撮影した経験が無いと予想されました。 また、指導する大人もこのカメラについて基本的な扱いを取得しなければいけません、しかしながら操作部分はポピュラーなAG-DVX100シリーズを踏襲した配置になっている為、 DVX100経験者はすぐにカメラの操作に慣れることが出来ました。サイズもコンパクト&軽量なので子どもの手でも操作に困るようなことはありませんでした。

それでいて子どもたちには、家庭用ビデオカメラに比べて大きくていかめしいらしく、撮影は盛り上がっていました。

画質については数時間の撮影で一見した感じですが、とても素直な透明感のある印象でした。 パナソニックらしい少し青や緑の寒色系の感じもしました。これだけの音と画がこんなに気軽に撮れるのは素晴らしいと思います。
(総社市子どもワークショップ撮影指導担当:衣笠竜屯)

[NO.023] 2012.09.02 ・ Report by Karatsu  △ PAGE TOP
NO.022

第8回シネアスト・オーガニゼーション大阪「デジタル技術講座」

Ki-Pro×神戸芸術工科大学 映像表現学科 上映会

映画制作初心者から一般の方までを対象に、「デジタル機材」を使用した撮影~編集までのワークフローをレクチャー。 解像度、フィールド周波数、インタレース、プログレッシブからLongGOPとI-Only記録フォーマットなどのHD特有の圧縮技術の説明を中心に 3時間ほどの講義を行いました。またHMC-45とHMC-155を使用してのハンズオンの時間を設けました。

第8回シネアスト・オーガニゼーション大阪「デジタル技術講座」 第8回シネアスト・オーガニゼーション大阪「デジタル技術講座」 第8回シネアスト・オーガニゼーション大阪「デジタル技術講座」 第8回シネアスト・オーガニゼーション大阪「デジタル技術講座」
実施日時 2011.07.03(sun)
主催 大阪映像文化振興事業実行委員会
会場 CO2事務局
講師 KyotoDU 唐津
使用機材 HMC-45 / HMC-155
[NO.022] 2011.07.30 ・ Report by Karatsu  △ PAGE TOP
NO.021

ローザ・パークスPV『ラストエンペラー』

ローザ・パークスPV『ラストエンペラー』

東京を中心に活動するロックバンド「ローザ・パークス」の楽曲『ラストエンペラー』のプロモーションビデオを制作しました。 都内ライブハウスで精力的に行っているライブ活動のプロモーション用の映像です。現在、ニューアルバムをレコーディング中。

Rosa-Parques(ローザ・パークス)

ビデオカメラとノートパソコン1台といったコンパクトなワークフローで制作しました。 ビデオカメラはAG-HMC155を使用、「1080/30P PHモード」のAVCHDでSDカード記録。編集は、ほぼすべての画像処理をFinal Cut Proで行っています。
(サブメンバー:松田)

ローザ・パークス - ラストエンペラー ローザ・パークス - ラストエンペラー ローザ・パークス - ラストエンペラー ローザ・パークス - ラストエンペラー
日程 2010.11
キャスト ローザ・パークス
監督 松田義輝
機材協力 KyotoDU
使用機材 AG-HMC155、バッテリーライト、Mac Book Pro
記録フォーマット AVCHD

使用者のコメント

ビデオカメラと出演者のみで都内を移動しながら撮影を行いました。カメラはAG-HMC155を使用したことで、 カメラ本体の軽さが現場でのフットワークの軽さにも繋がり、機動力を持って撮影を行うことができました。 32G SDカードであれば1080i PHモード(21Mbps)のフルハイビジョン記録でも約180分記録可能で、現場でのプレビューも速やかに行えます。

編集においては、映像の分割やモーション効果、色補正のすべてをFinal Cut Proで行いました。映像の分割はクロップで行い、モーションはキーフレームを使って簡単に調整することができます。 色補正は「HSV調整」や「イコライズ」といったFinal Cut Proにデフォルトでついているビデオフィルタを使い、色域のバランスや明暗の調整を行いました。

ローザ・パークス - ラストエンペラー ローザ・パークス - ラストエンペラー ローザ・パークス - ラストエンペラー

モーフィング(ひとつの物体から別の物体へと自然に変形する映像をみせる)加工に関してのみ 「norrkross morphX」という別のソフトを使用しています。
norrkross morphX(ダウンロードフリーソフト)

多くの機材や、ハイスペックな編集環境がなくとも、ビデオカメラとノートパソコンが1台あれば このようなHD画質のミュージッククリップを制作することができました。

[NO.021] 2011.02.13 ・ Report by Matsuda  △ PAGE TOP
NO.020

阪神・淡路大震災 15年目 新長田町の現在

阪神・淡路大震災 15年目 新長田町の現在

阪神・淡路大震災15周年目の記念イベントでの機材協力を行いました。

1995年に兵庫県南部で発生した「阪神・淡路大震災」から15年目の2010年1月17日。新長田の各所で、震災15周年目の記念イベントが開催されました。KyotoDUからは、記録映像用の機材協力を致しました。
(担当:唐津)

阪神・淡路大震災 15年目 新長田町の現在 阪神・淡路大震災 15年目 新長田町の現在
実施日時 2010.01.17(sun)
記録実施主体 新長田まちづくり株式会社
協力 神戸映画資料館
機材協力 KyotoDU
使用機材 DVX-100B
[NO.020] 2010.04.11 ・ Report by Karatsu  △ PAGE TOP
NO.019

「飛び出すこどもブンガクシリーズ」#3 じゅんじゅんSCIENCE「アリス」

「飛び出すこどもブンガクシリーズ」#3 じゅんじゅんSCIENCE「アリス」

「じゅんじゅんSCIENCE」作品中で使用されたビデオカメラの機材コーディネートを致しました。

「水と油」などでム、たかぎ活躍したじゅんじゅんのソロプロジェクト、「じゅんじゅんSCIENCE」作品として2008年7月に初演された「アリス」。振付・演出・出演を務めたじゅんじゅんに加え、出演に伊藤キまゆ、森川弘和を迎え、「不思議の国のアリス」を下敷きとしながらも独自の世界を描いて好評を得た作品の宮崎公演。
(担当:唐津)

「飛び出すこどもブンガクシリーズ」#3 じゅんじゅんSCIENCE「アリス」 「飛び出すこどもブンガクシリーズ」#3 じゅんじゅんSCIENCE「アリス」 「飛び出すこどもブンガクシリーズ」#3 じゅんじゅんSCIENCE「アリス」 「飛び出すこどもブンガクシリーズ」#3 じゅんじゅんSCIENCE「アリス」
実施日時 2010.01.30(sat)
会場 メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)イベントホール
主催 (財)宮崎県立芸術劇場
振付・演出 じゅんじゅん
出演 伊藤キム たかぎまゆ 森川弘和 じゅんじゅん
機材協力 KyotoDU
使用機材 DVX-100B(Panasonic)*1

使用者のコメント

DVX-100Bは、まず軽くて持ち運びが非常に楽なので、小道具として舞台上で使用するにあたって大変助かりました。 様々な設定が可能であり、またその画質の良さから、今回のような使用方法では大変有効な機材であるとの印象を受けました。 ただ、様々な設定が可能であるが故か舞台に持ち出す前に触ってしまうと簡単に設定が変わってしまうというトラブルもありました。 設定のロック機能があれば尚便利かと思います。 

[NO.019] 2010.04.11 ・ Report by Karatsu  △ PAGE TOP
NO.018

ワークショップデザイナー育成プログラム 記録撮影

ワークショップデザイナー育成プログラム 記録撮影

文部科学省 社会人の学び直しニーズ教育推進プログラム事業「ワークショップデザイナー育成プログラム」の授業記録として、AG-HMC155とPCを使用した長時間記録を実施しました。

「ワークショップデザイナー育成プログラム」とは
地域の教育力をイノベーションする人材をワークショップデザイナーと位置づけ、ワークショップ(参加体験型学習)の企画・運営ができる専門家の養成するプログラムです。 題材となる分野は表現活動やものづくりなど多岐に亘っています。 今プログラムでは、主に小・中学生を対象とする創作活動におけるワークショップのデザイナーを育成しています。

AG-HMC155を2台使い、6時間に及ぶワークショップ形式の授業の記録撮影にあたった。 16GBのSDカードを4枚用意し、HMC155の記録形式をHGモード(16GB SDカードで約160分記録可能)で撮影する。 HMC155一台につき2枚のSDカードを使用。いっぱいになると、カードリーダーを使いMac Book Proを介してLacieのポータブル外付けHD(電源なし)にバックアップを取るというシステムで撮影にあたった。 SDカードを16GBフルで記録しても、バックアップにかかる時間は約20分。2台のビデオカメラを使っても、時間に余裕をもってSDカードのローテーションを組めた。 ポータブル外付けHDはUSBで電源が供給されるため、現場でPCの場所を移動しなくてはならなくなっても自由に動け、どこで作業してもよいといったフットワークの軽さをみせた。
(担当:松田)

ワークショップデザイナー育成プログラム 記録撮影 ワークショップデザイナー育成プログラム 記録撮影
実施日時 2009.07.05(sun)
主催 青山学院大学
共催 大阪大学
協力 NPO法人フリンジ シアター プロジェクト
機材協力 KyotoDU
使用機材 AG-HMC155×2、SDHCカード16GB×4、コーデック HGモード(SDカード16GB 160分)、MacBook Pro 17inch、カードリーダー、Lacie外付けハードディスク 320GB
[NO.018] 2009.08.16 ・ Report by Matsuda  △ PAGE TOP
NO.017

小川真司カメラマン レクチャーセミナーレポート

小川真司カメラマン レクチャーセミナー

KyotoDUがお送りするHD映像制作の定期セミナー(毎月第2、第4土曜開催)に加え、新たな取り組みとなるセミナー企画の第一弾として、 京都造形芸術大学・映画学科で教鞭をとられる撮影監督の小川真司さんにお越しいただき、レクチャーセミナーを開催しました。

前半は小川氏のこれまでの映像にまつわる活動を紹介。小川氏がどのようなプロセスでカメラマンとして活動されてきたかを語っていただき、 現在、京都で学生に教えていることなども交え、昨年大学で制作し、小川氏が撮影監督を務めた映画『黄金花』(木村威夫監督)の予告編や 制作現場のスチルなどを観ながら、解説を加えていただく。

後半はカメラ各種(AG-HVX205AAG-HMC155AG-HPX305)と LCDビデオモニターとを接続して、状況に応じた機材のセレクト、 モニター波形を見ながら画面のルックを調整するヒント、映像と音声の関係などを解説し、参加者の疑問に答えつつ、 それぞれの関心にもアドヴァイスを加えていただきました。

普段から大学で教鞭をとっておられることもあり、リラックスした雰囲気の中、気さくに参加者の方々とセッション。

「ドキュメンタリーを製作したいと思っているんですが、カメラはどんなものがいいでしょうか?」という質問にも、 すぐさまAG-HMC155を手に取り、その手軽さと機動力、工夫の仕方をレクチャー。

次は楽しげなワークショップ企画を考えて、大学とはひと味違う試みをKyotoDUでやりましょう!というお話をして終了。 内容を考えていますので、皆さん、お楽しみに!まずは定期セミナーにもご参加ください。
(テキスト・写真:田中)

小川真司カメラマン レクチャーセミナー 小川真司カメラマン レクチャーセミナー 小川真司カメラマン レクチャーセミナー 小川真司カメラマン レクチャーセミナー

[NO.017] 2009.08.16 ・ Report by Seiichi Tanaka  △ PAGE TOP
NO.016

地点上演実験vol.2 『あたしちゃん、行く先を言って 行程1』

あたしちゃん、行く先を言って 行程1

京都を拠点に活動する演劇カンパニー「地点」の舞台映像担当、山田晋平氏の新作映像ソース制作に際し、機材協力を致しました。

「地点」オフィシャルサイト
http://www.chiten.org

あたしちゃん、行く先を言って 行程1 あたしちゃん、行く先を言って 行程1 あたしちゃん、行く先を言って 行程1 あたしちゃん、行く先を言って 行程1
公演日程 2009.05.13(wed) - 2009.05.15(fri)
主催 地点
共催 京都芸術センター
協力 鈴木理江子
キャスト 安部聡子,石田 大,大庭裕介,窪田史恵,小林洋平,谷 弘恵
演出:三浦 基 / 映像:山田晋平
機材協力 KyotoDU
使用機材 AG-HMC155、AG-SDVO16×1
レポート協力 山田晋平

使用者のコメント

長い間DVX-100Bを使っていました。初めて HDのカメラを扱いましたが、DVX-100Bの後継機種なのか、 かなり似通った操作性ですぐに手になじみます。DVX-100Bに慣れている分、 事前に取説を読むのにも時間がかからなかったし、ストレスなく撮影を行うことができました。

ひとりでカメラと三脚を担いで一日中島を回って取材をする、という今回の取材撮影においては このクラスのサイズが最適(というかほぼ限界)であり、重量が若干AG-HMC155の方が軽いことも長所です。 画質もDVX-100Bと似ており、生々しさが写りつつも撮影者の意図が過剰に強調されない 素直な表現力を持つカメラという印象で、私の好みです。

SDカードへの記録の安定性には正直不安がありましたが、2.5日間で300分くらい回した結果 まったくノイズやバグもなく、不安は払拭されました。

ところでせっかくHDで撮影したのですが、今回の舞台ではSDでテレビモニターに映しました。 「HDの迫力を体験する」ということは今回の公演ではできなかったのですが、HDで撮影しておいたおかげで、 テレビモニターに映す段階で素材のトリミングが自由にできました。 HD素材をSDのタイムラインに配置するとスケールは37.5%で全画面が表示されるので、 原理的には最大100%まで拡大しても画質が劣化しない訳です。観客席と舞台上に設置される映像の距離とサイズを ふまえて画面をデザインすることが要求される舞台空間での映像使用の現場処理において、 このトリミングの自由度をクオリティーを上げるための手段として最大限に活用しました。

とはいえ、やはりHDの表現力を観客に直接体験してもらえなかったことには悔いが残ります。 「ハイビジョン時代の舞台芸術」を意識した舞台演出映像を製作したいと思っています。 この『あたしちゃん、行く先を言って』の上演は6月川崎での「行程2」を経て9月の京都での本公演、 来年1月の東京公演まで改作を続けながら上演されていきます。今回撮影した素材のHD高解像度のリアリティーを 上演に利用するシステム構成(例えばモニタにHDMIで入力するとか?)を、次回以降の公演で検討していきたいと考えています。

[NO.016] 2009.07.06 ・ Report by Shunsuke Hamada  △ PAGE TOP
ページの先頭へ